天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

19 趣味 /仁side

仁side

ご飯を食べていたら
突然女将がきた。
俺の耳元で 博さんが ご夫婦で
いらしたと。
キョウ達に 気がつき
通せと言ったみたいだ。
いつもは通すが
今日は ちぃちゃんが
居るから どうするべきかと。
うん。
この女将 賢いな。
勝手に連れて来たら
キョウに 潰されてたな。
断りを入れようとしたら
女が。女将は 待っとけと言ったはずだが
勝手に入って来たらしいな。
ちぃちゃんは 暫くは 顔を見ていたが
怖くなったのか キョウの首筋に
顔を隠した。
たまに チラッと見てる姿は
可愛いかもしれない。
でもね?ちぃちゃん。
チラッと見てるつもりだろうけど
ガン見されてるからね?
ばれてるからね?
何度目かのチラッとで
目があったようで びくっなり
キョウにしがみついた。

「「「えっ?」」」

一斉に 声が上がる。
ちぃちゃんが 彼女ってのを
否定したんだ。
キョウの 慌てっぷりに 笑える

「しらない人。ひぃとの約束したもん。
信用できる人だけだもん。」

静まり返った部屋に
小さな可愛くて綺麗な声が

「あぁ。兄貴だ。うちの長男。
女は 妹のねぇちゃんだ。
名はステレオだったはず。」

「ひぃの お兄ちゃん?」

「うん?そうだよ?
ごめんね?挨拶遅れて。
キョウの1番上の兄貴ね?
反対とかしないし 酷い事もしないから
本当の事しりたいなぁ?」

って ちぃちゃん以外知ってるから
言わなかったんだ。
って 博さん それ若頭として
どうなの?優しいの引くからね?
ほら 周りの嫁以外 ジト目でみちゃったよ。

ペコリ
「ひぃの 彼女になれた 智沙です」
「あっ…。響さんとお付き合い
させて貰ってる早川智沙です」

うん。ちぃちゃん 間違えたのね。
龍樹?その 頑張れビームやめて。
言い終わったから ほっとした雰囲気を
出さなくていいからね?
絢香ちゃんやエリちゃんまで
頑張ったとうんうんするのやめて
彼女 16歳だよ?
初めてのご挨拶出来た 子どもじゃないから。
……。竜馬…。お前まで 手を固く握って
緊張してんじゃねぇからな。
キョウにいたっては
ドヤ顔…。
君が頑張ったんじゃないからね?
むしろ言えて当たり前だからね
何なのこの集団

「そうかそうか。
上手にできたね?怖かったなぁ。」

博さん。あなたの目の前の子は
立派な高校生ですからね?
あと 奥さんの名前 ステレオさんですが
そこ スルーですか?

「何て 呼べばいいの?」

はい?ステレオさん本人もスルーですか?

「ちぃちゃんとよべ」

「ちぃちゃんよろしくね」

「よろしくお願いします。
ステちゃん?」

「うん。ステちゃんよ?
あっ!博はえっと。」

「お兄ちゃんがいい。
ちぃちゃん お兄ちゃんと呼んでくれ」

「お兄ちゃん。私ね お姉ちゃん欲しかったの!」

ちぃちゃん
お姉ちゃんなら そのうち
できそうだからね?
あと ステちゃんって 本名は 、
エミリさんでしょ?
一文字もはいってないよ?
お兄ちゃんって顔してないからね?

「ちさ?俺と早く結婚すれば
ステレオが姉になるからな?」

「うん。ひぃと 早く結婚する‼︎
でもね?おねぇちゃんが
欲しいからじゃないからね
ひぃが 好きだからだもん。
大好きなひぃと結婚できて
おねぇちゃんがでくるのって
すごいね。」

「あぁ。アニキ。
ステレオと結婚してくれて
よかった。おかげでちさに
ねぇちゃんができる。」

「お、おぉ。」

キョウ…。それ 絶対ちぃちゃん居なきゃ
思わないよね?
結婚って まだ付き合って
4日だからね?おかしいからね?
もう 突っ込む気にもなれないわ

0
  • しおりをはさむ
  • 932
  • 1289
/ 802ページ
このページを編集する