天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

3 学校 /智沙side

「転校生だ。あんまり 関わらなくてもいいが
イジメたりはするなよ。」

今日から 私は 聖心愛女学園の 2年A組に 通う。
今 心が ドクドクしながら
担任の 浅間先生の 後ろに隠れている。
学校に通うのは 小学校の時以来。
大丈夫かなぁ。
でも パパや みんなにお願いして
やっと許して貰えた条件
高校を 卒業する事を守らなきゃ。

「この時期に 転校生って ありえない〜」

クラスの女の子が笑いながら 言った。
確かに もう今月半ばには 夏休みに入る。
そんなに時期に
転校生って ありえないかも。

でも パパやみんなが
もし ダメだった時のために この時期に。
ダメなら 夏休みとともに パパたちの所に戻れるようにと何処までも私の為だけに 考えてくれる。
そんな 優しいみんなのため
私は 頑張るもん。

「まぁ そう言ってくれるな。
取り敢えず 席は 窓側の後ろな。
あと 次の授業は 自習だ。よし、終わり。」

そう言って 先生出て行ってしまった。
私の席は後ろの窓側。
そこを見ると 一つだけ 空いている席が。
あそこかな

ペコッ
よろしくお願いしますm(_ _)m
そんな意味も兼ねて
頭を下げ 席に向かう私。

「よろしくね〜。」

ペコッ
よろしくと言ってくれたのは 綺麗な女の人。
同じ歳とは思えない綺麗さ。

「ちょっとぉ。
絢香が よろしくって言ったんだから
こちらこそぐらい言いなよ。」

ビクッ!
違う女の子に。
確かにそうだよね。
ちゃんといなきゃ
嫌な子だよね。でもでも。

「エリ いいのよ。
緊張して喋れないんだよ。
前で頭下げたのって
よろしくねって意味だと思ったから
私もよろしくねって言っただけだからね。」

「はぁ?絢香 優しすぎるって。」

絢香さんって人は私を 責めない。
それどころか 頭下げたのちゃんと見てくれてたんだ。
ペコッ
目がウルウルしちゃうけど
頑張って お礼を兼ねて 頭を下げた。

「ちょっと 何この可愛い生き物!」

ビクッ
絢香さんって人と エリさんって人の間に
もう1人いた。
その人の声が 大きくて驚いちゃった。
どうしよう?
じぶんの席はすぐそこなのに 中々いけない。

0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する