狼とちわわ

夏 /抜け殻

「死んでんな」

「あぁ 量が多いからな」

夏休みに入り
1人で 休日出勤
って たまに 狸もくる

俺たちが休みでも
依頼は来るからな
その依頼を
急を要するものを選び
取り掛かる

「ふわわちゃんが
居ないからじゃないの?」

「まさか」

「毎年 変わらないのに
そこまで 死ぬってさ?
前と違うのは ふわわちゃんだけじゃない?」

「…」

確かに…
先日 吉良が告白したらしい
結果は聞いてないが
その後 羽智は
何かを決心した様に
見えたからな…

その後 吉良がひたすら
羽智のそばにいたしな

その辺りから
俺は 少しおかしい…
何処か 何をしても
満足できない…

仕事をこなしても
得る事の出来ない達成感…

「吉良に取られたから?」

「…いや 違うだろ」

わかっていたからな
相談された時から
羽智が 俺の側から…
いや その前から 羽智は
俺の側なは 居なかったんだ
それを今更?
無いだろう

0
  • しおりをはさむ
  • 55
  • 1284
/ 98ページ
このページを編集する