君の骨から青い花が咲いた

神聖アボカド
恋愛 121ページ(連載中) 42421字 更新日 2019/11/09 読者 209人 公開 0 0

生きにくい世の中だと思った。



生き方を押し付けられて




私が私じゃなくなるのがこわくて、こわくて仕方がない。




だけどきっと桐斗君は、ずっと桐斗君で





私は君になりたくて仕方ない。




  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1
  • 1
このページを編集する