誰かが鍵を隠してる。

ましろゆきの
恋愛 174ページ(完結) 114094字 更新日 2017/07/26 読者 59816人 公開 0 0

見知らぬベッドで目覚めた私。はて?
ここはどこ?私は誰?



女子高生らしき?私の
記憶回復奮闘記。



※本作品は『愛人志願のお嬢様』の続編となっていますが、こちらの作品だけを読んでいただいても差し支えはありません。



※巻末にふたりのデートの様子を書いた『虹予報』を書き加えました。
宜しかったら覗いてください。
2015・10・28












レビューありがとうございます。


『かまちゃんのホームページ』様
リクエストありがとうございました。楽しんでいただけると嬉しいです。


『ゆっき~』様
最上級のお言葉をありがとうございます。面映ゆくて…でも喜んでます。



『★ちわわんハウス★』様
舞い上がってます。
綿貫来人の設定は小田切聡太を凌ぐイケメンでなくちゃ!と書いた記憶がありますし、美花目線から見た小田切の面々を書くのも楽しかったです。
本作品を気に入ってくださりありがとうございました。




関連作については…どうかな。今書きかけの作品次第でしょうか。

こんな返事で申し訳ない。



皆様、素敵なレビューをありがとうございました。



m(__)m




  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 230
  • 3992
このページを編集する