許嫁(いいなずけ)・壱

桜華学園 /七瀬春菜の寮生活

side 七瀬春菜









私の名前は七瀬春菜。
13才。この春、私立桜華学園中等部に入学した。

全寮制のこの学校は女子校で中高一貫の全寮制の学校だ。

教育レベルは高く、セレブのお嬢様も多い。もちろん授業料だってハンパない。だだ、
セキュリティは万全。

それが私がここにいる一番の理由だと思う。



私は近畿敬侠会七瀬組の娘。つまり実家はバリバリのヤクザだ。





そんな私には何故か幼稚園の頃には許嫁がいた。



説明はされた筈なのに、その経緯はまったく覚えていない。幼稚園児じゃ仕方ないんだけどね。






パパに連れられて、泊まりがけで、遠くの凄く大きな神社のお祭りに行った。



少し乱暴な言葉遣いの街だったけど、明るくて賑やかで私の肌にはあった街だった。



パパのお友達のおじ様は松江匠真。その辺りを束ねる松江組の若頭だった。




「良く来たね?」



組長さんのお爺さんと2人でにこにこ笑って迎えてくれた。






そんなブツ切れな記憶がある。







ただ、




「いらっしゃい。待ってたのよ。本当に良く来てくれたわね。」




私を抱き締めて泣き出しそうな顔をした綺麗な女の人と、



朝の光の中、スヤスヤと眠る王子様みたいに綺麗な男の人の顔だけは、何度もリピート出来るくらいハッキリと覚えている。





私を抱きしめた人は松江みちる。
後に私がみちるママと呼んだ人。ほんとの母親みたいに良くしてくれた。




それから、

光の中で眠っていた王子様は、あの時から今日までずっと私の大好きな王子様。



松江匠。



北陸気鋭会松江組を背負って立つ跡取り息子。


10才も年上の私の大切な許嫁だ。

0
  • しおりをはさむ
  • 5345
  • 4014
/ 849ページ
このページを編集する