許嫁(いいなずけ)・壱

桜華学園 /幕間8

side 葉崎真治








「波多野っちの家ってさ、父親が自宅で整骨院やってんの。」



「ああ。」




小さな整骨院だが、それなりに繁盛していると聞く。
波多野保昭は跡継ぎ息子だ。
本人もそれを望んでいて、俺達は家業を継ぐもの同士。それが分かるから俺は波多野をヤクザには誘わなかった。




「波多野っちの父親ってさ、愛想が良くて社交的。話上手なんだ。
ま、女の子にもそれなりにモテたらしくてそれが原因で喧嘩が絶えず。
挙げ句奥さんが浮気しちゃって、離婚したんだ。」




なんとまあ、まるで真治の将来を見るようじゃねえか。



「波多野っちは会社勤めは向いてないし、自営を継ぐ気でずっと勉強しててさ。」




「…マイペースなのっそり熊だもんな。」




喧嘩とハーレー転がす以外ほとんど寝てたし。




「あんな無愛想で客商売とか出来るのか?とか心配してたら、恭子ちゃんが高校卒業して受付手伝う事になって、」



もともとそれなりに繁盛してたが、若い男の客が倍増したと言う。




「俺、彼女が悪い男に引っ掛からないか、もう心配で心配で。」




いやいや、お前が声かけるのが一番危険だろ!







「落ち着け。真治。
だいたい何で波多野の妹を好きになった?
何時からの知り合いだよ。最近知り合ったのか?」



落ち着かせる為に俺は真治の話を聞く事にした。






0
  • しおりをはさむ
  • 5347
  • 4017
/ 849ページ
このページを編集する