許嫁(いいなずけ)・弐

ましろゆきの 恋愛
156ページ(連載中) 更新日 2017/12/13 読者 43868人 公開 0 0

中学生の俺にはいつの間にか許嫁がいた。




本作品は許嫁・壱の続編です。先に許嫁・壱をお読み下さい。


m(__)m





2017.5.9



ましろゆきの







※レビューをありがとうございます。



※不倶戴天様。

背景色ですが、壱と同じように黒にするつもりが青になってしまってました。
壱では基本ホラーの設定で他の色を変えてたんですが、何故か弐では出来なくて。
あれこれやってたら青になってしまいましたが、まあいいか…と放置した結果です。
大雑把で申し訳ない。

(;^_^A



※かまちゃんのホームページ様。


楽しんで下さると嬉しいです。
気長に更新を待って頂いてありがとうございます。



※みゆ様。


いつ頃?の質問はとても難しいです。ましろも知りたい。
(;^_^A
弐として書き出してしまったので『最低200ページは書きたい』位の意識しかありませんが、
作品は2日に一頁位の進捗だし…匠達は勝手に動き出すし、ましろはあちこち他の作品に浮気するので…
確か壱でもレビュー頂いたかと思います。ありがとうございます。

この作品は…たぶん忘れた頃に完結する?感じです。

こんなお返事ですいません。



※youkima様


ご指摘ありがとうございます。(しかも滅茶苦茶気を使わせてるし。)
ごめんなさい。
ましろのミスです。
許嫁を書いた後に栞ちゃんの話を続けて書いて、そのまま公開した結果です。
あわてて削除しました。

こんな作者ですが、
見捨てず読み続けて下さると嬉しいです。








m(__)m






  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 2203
  • 2789
 
このページを編集する