再会の約束

遠い日の約束。

「約束って…こんなになってても有効なのかな。」



私が訪れたのは山里の小さな小学校。
と言っても児童数の減少から既に廃校になって10年あまり。



元小学校を売りにした民宿として再利用されたりしたものの、あまり評判が良くなくて3年前から放置されてる物件らしい。


ほら、廃墟って奴。


今は丁度お盆だし。肝試しに来る変わり者も何人かいると聞いた。



まあ、まだ昼の1時だし。
いくらお盆でもお化けだって就業前で寝てるだろう。



「約束は体育館の大きな鏡の前。」



確か近所の理髪店を経営してるOBが寄付したんだっけ。

私は壁に掛けられた『富士原理髪店』の文字を確認して微笑んだ。


そうそう。ここの息子さん、私達の2年先輩で中学に入ってグレて不良になったって聞いたな。


不良って漠然としてるよね。
タバコ吸ったりとか、制服改造したりとか、学校サボったりとか、集団でつるんだりとか?

どこら辺りから不良なんだろうかな。
なんて。富士原理髪店と書かれた鏡の枠を触りながら考えた。



この学校に4年生まで通った私は、12年前の4月に父の転勤で京都に引っ越した。


その時仲の良かった親友、
森谷愛(モリヤアイ)と二十歳になったらここで再会しようと約束したのだ。


でも、18才になった年に愛は蒸発してしまった。




  • しおりをはさむ
  • 50
  • 4063
/ 21ページ
このページを編集する