あい・編む 

高校生活 /帰宅拒否部

季節は初冬11月。放課後の県立高校一階美術室。

今日も私はそこに入り浸る。



古い机と椅子が数脚。
教室の中は絵の具の匂い。
温泉水を利用したスチームの暖房が暖かい。


本来なら美術部の活動中の筈なのに、絵筆を握る子は数人。日によっては皆無の日もある。
幽霊部員の多いここは今、帰宅拒否生徒の溜まり場だ。

人呼んで『帰宅拒否部。』

家庭に何かしら問題のある生徒の溜まり場がこの美術室。

都会なら多分繁華街なんかに繰り出すんだろうけど。
学校の周囲は林。民家が数件。
なにしろひなびた温泉地の近くの県立高校。
高台にある高校から温泉街を抜けて、日に数本のバスが麓の駅まで動いてるだけ。

行き場の無い生徒が安全に過ごせる場所なんて簡単には探せない。


「朝から母親と父親がまた喧嘩でさ。」


「懲りないよね。やるんなら俺らの居ないところでヤれっつーの。ウザイ!」


「だよなぁ。お互い口もききたく無いからって俺を伝言板にするなっつーの。」


「マジ、とっとと別れてほしい。」


「ええっ!離婚したら引っ越しちゃうかもじゃん。」


「あ~、それはちょっと嫌かも。ここに来れなくなっちゃうもんな。」



「お!新作ポッキーいただきっ!」


「ちょっと!それあたしのっ!」


「はいはい。ポテチあるから怒らない。」


「オレンジジュース付きなら許す。」





「ふふっ。」



私は窓辺の椅子に寄りかかり読んでた本を膝に置いた。
私の笑い声に気が付いて、



「真由加、読み終わった?」



背中合わせに座ってマフラーを編んでた頼可が声をかけてきた。








0
  • しおりをはさむ
  • 750
  • 4047
/ 350ページ
このページを編集する