あい・編む 

傷心 /失ったもの

























「真由加?大丈夫?」



ぼんやり天井を見上げてたら柚希の声がした。




「大丈夫。ただの貧血。」



あまり食べなくなったから、私の体は直ぐガス欠になる。




「体育の時間に倒れるとか止めてよね。
しかも整列してる時とか。
いきなりおっきな音がするからビックリしたわよ。」




「…ごめん。」




私が覚えてるのは目の前が真っ暗になって体が崩れるところまで。
気が付いたら床に倒れてた。
で、そのまま保健室行き。


変な注目を浴びちゃって恥ずかしい。

0
  • しおりをはさむ
  • 814
  • 4053
/ 385ページ
このページを編集する