ダブルcat

prologue



奇麗事なんか大嫌い。



“守る”“私がいるよ”



そんな言葉奇麗事でしかない。



中身を知って自分はわかった気でいる物語で言う“主人公”



反吐が出る。



まるで奇麗事しか言わない主人公に。



そんな情けない主人公なら



私は一生脇役でいい。


木だって草だっていい。




私は偽善者が大嫌いだ。





0
  • しおりをはさむ
  • 594
  • 20
/ 187ページ
このページを編集する