君に惹かれ、君を恋う【完】



「へえ、それはよかったじゃない」



やっと表情を明るくしたまりあちゃんに少し安心する。

まりあちゃんに暗い表情なんて似合わない。



「その演奏で駄目なら諦める」



演奏会に懸ける思いを伝えれば、



「何を言われたのかは知らないけど、頑張りなさいよ」



そう応援してくれた。

それが嬉しくて、勿論、言い切った私にまたまりあちゃん笑った。



「ふふ、頼もしいわね」



楽しみにしてるわ、まりあちゃんは笑って言い、私も頷いた。


まりあちゃんと友達に慣れてよかったと心の底から思った。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 14
  • 14
/ 359ページ
このページを編集する