君に惹かれ、君を恋う【完】

終曲



『天才だ』


そう言われて嬉しいと思ったことは一度もなかった。


その言葉が嫌いで嫌いで、大嫌いだった。


ずっと自分のやりたいようにやってきて、これからもそうするつもりだった。



だけどあなたと出会って、いつの間にかあなたからの言葉を気にしてしまっていて、あなたからの一言で一喜一憂するんだ。


そしてずっと嫌いだった言葉は、あなたから貰うと特別な言葉になった。


あなたからの言葉が一番、心に響くんだ。



その理由は、



あなたに惹かれて、あなたに恋をしたから。



 

0
  • しおりをはさむ
  • 14
  • 14
/ 359ページ
このページを編集する