小さな愛のうたを君に捧ぐ。

しゃぼんだま
恋愛 122ページ(連載中) 53051字 更新日 2020/01/23 読者 3008人 公開 0 0




わたし、好きな人ができたの。

だから、別れてほしいの。


あの日、言いたくもない言葉を並べて、


人生最大の嘘を、吐いた。


今更後悔したって、もう遅い。


なに?今更。


一般人

×

芸能人


芸能人になった彼は、


手の届かない遠い存在。



※フィクションです。


できるだけ現実に近くなるように考えて作っていますが、実物とは違う部分もあると思います。

そこのところはご了承ください。

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 11
  • 83
このページを編集する