Seventh 第二章

杏後
SF・ファンタジー 29ページ(連載中) 33875字 更新日 2019/10/04 読者 48人 公開 0 0

母子家庭の夏季。両親の過度の愛情に困惑する俊。人より本が好きなフリーター、倫。祖父の死により孤児となってしまった哲。元いた世界から突然呼び寄せられた4人の男女。特別な力を持つ「使い」と呼ばれる兵士となり、異世界で出会う仲間たちと共に、史上最悪の魔女を打倒するべく立ち上がる。

行方不明となっていたシエ・ラートンが兵士のイルタと共にセボの城に帰還し、城下町は喜びに包まれる。しかし、魔女リカ・ルカとその一派は水面下でセボの国の転覆に向けて着々と力を増していた。さらに、夏季たちより先代の「使い」たちも集結しはじめ、様々な思惑が絡み始めるのだった。

第一章はこちら
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 0
このページを編集する