無敵のビーナス 1【完】

新生活 /3

学校では、相変わらず愛美と一緒に過ごしている。


中庭でのランチも定番で、パスタ弁当にプラスでお菓子交換も定番になりつつあった。


ここに入学した当初は、こんなに楽しい時間が持てるなんて想像もしてなかった。


私の高校生活に、愛美は欠かせない大切な友達になっていた。


だからこそ、一緒に住んでいることを愛美に話したかった。


でも、どう話せば良いのか分からず言ってない。


危険な事が含まれているだけに、無いとは思うけど万が一にでも巻き込んだら大変だと言う思いもあって話せなかった。



愛美も生徒会の事とか知ってるはずなのに、特には聞いてこなかった。


だから、何となく甘えたって言うか・・・


そのまま流していた。

0
  • しおりをはさむ
  • 751
  • 769
/ 509ページ
このページを編集する