無敵のビーナス 1【完】

走り出せ! /5

翔 side



「あれ、もう終わり?」


足元に転がった男の肩口を蹴り飛ばしながら、ユキが笑った。


女みたいな顔に似合わない、残酷な行為。


それを楽しむように、足元の男を弄ぶユキ。


その様は、正直見ていてゾッとする。


なんて言えば聞こえは良いが、結局俺も同じことをする訳で・・・


周りが見れば、変わりはねぇ。


ガサリ、音の方へと眼を向けると仲間を助ける事さえできず、震える男の姿が見える。


壁際に逃げたって、後がないぞ。


半端な覚悟で、仕掛けてくんじゃねぇ。


そいつに向かい、足を進めると足元に倒れた男が、俺の足にしがみつく。


「チッ」


お前らのせいで、空に負けちまったじゃねぇか。


思いっ切り相手の身体に足を振り落すと、鈍い音がした。


「うわっ、ひでぇ~」


その言葉、そっくりそのままお前に返すよ。


それを見て声を上げるユキに溜息を吐き、俺はユキと残りの男に近付いた。

0
  • しおりをはさむ
  • 747
  • 767
/ 509ページ
このページを編集する