無敵のビーナス 1【完】

走り出せ! /10

急いでトイレから戻っていた私は、小走りの為に廊下の角で誰かとぶつかった。


「キャッ」


あぁ、もうっ!


室内なので怪我はないけど、手を着いてしまい微妙に痛い。


「済みません、大丈夫ですか?」


差し出された手に視線を上にズラすと、英林の制服を着た男子が立っていた。


「あっ、あのっ・・こちらこそゴメンなさい」


その手を取るのが照れ臭く、自分で立ち上がり謝る。


この場合は、どちらが悪いとも言えないし・・・


イヤッ、左を走ったから悪いのは私だ。

0
  • しおりをはさむ
  • 747
  • 765
/ 509ページ
このページを編集する