無敵のビーナス 1【完】

そして再び、走り出せ! /3

ベンチに座ると、向かいのベンチの女子生徒と眼が合った。


が、直ぐに隣の子と楽しげにお喋りを始めた彼女。


会話が届く距離ではないので、原田君との話も気兼ねなくできた。


生徒会に入ったものの、なかなか忙しくて大変だとか・・・



名前だけ役員の私とは大違い。



やっぱり、真面目な人なんだ。


いやいや関心している場合じゃない、何か情報を掴まないと!



「ところで、宮部さんって、会長と付き合ってるんですか?」


先に質問をしてきたのは、原田君。


しかも、

その内容は空ちゃんの事。



「えっ、そんなんじゃ・・・」



「違うんですか?でも、彼の行動見てたら・・・」



「空ちゃんは・・・・」



「空ちゃん?」



「・・・・・・」



0
  • しおりをはさむ
  • 751
  • 769
/ 509ページ
このページを編集する