惑わせないでっ(完)

「さっきのは、違うの・・偶然会っただけで」



「そんな言い訳なんか考えなくていいのに」



「っ、だからっ」



「僕の事なんて、気にしなくていいんだよ」



「そっ、そんな事っ言わないでよ」



「・・・じゃぁ、何て言えばいいの?」


私の話を受け付けない蓮に、気持ちばかり焦っていく。



このままじゃ、次に二人の時間は来るかも分からない。



遠回しな言葉を捨て、私は一つ息を吐く。




「私はっ、・・・蓮が好きなの」


告白とは思えない決死の言葉、まだ、間に合うの?


0
  • しおりをはさむ
  • 132
  • 10908
/ 264ページ
このページを編集する