惑わせないでっ(完)

「違うッ、そうじゃなくて」



「んっ、・・」


急に強く抱き寄せられ、声が漏れた。



そんな私に気付く事無く、私の肩口に蓮は顔を押し付け言った。



「信じて良いの?」


不安げな蓮の声に、私も手にも力が入る。



「信じてくれなきゃ、どうしたらいいのか分かんないよ」


私の言葉に蓮が小さく笑い、サラサラな髪が頬を擽る。



「次に振られたら・・・立ち直れない」


ネガティブな言葉なのに、それはOKの返事に感じた。



蓮の声は何だか嬉しそうで、私の口元も自然と笑っていた。


0
  • しおりをはさむ
  • 132
  • 10915
/ 264ページ
このページを編集する