惑わせないでっ(完)

夜の就活? /1

クビきりのような気持ちで退社した職場から、今更ながら『送迎会』のお誘いのラインが来た。



もしかしたら次の仕事に繋がるかも知れないし、気持ちに余裕もできていた私は参加することにした。



行き慣れた居酒屋では、職場の愚痴のオンパレード。



たった数週間前まで働いていた場所なのに、なんだか遠い気がした。



2次回は、独身貴族のお姉さま方に『私たちからの餞別』と、ホストクラブへ連行された。



私の更新無しの理由を知っていたらしく、盛り上げようと気を使ってくれたみたいだった。



0
  • しおりをはさむ
  • 131
  • 10779
/ 264ページ
このページを編集する