初恋みるく【完】

1st:二度目の初恋 /思い出との再会


通勤するサラリーマン、OLに活気を見せるオフィス街。


私もそのなかに紛れ込んで歩みを進める。


目指す場所は、大きなビルがち並ぶ中でも、頭ひとつ飛び抜けた高層ビル。



この辺では一番と言われる、…超一流企業だ。



「あの、大会議室はどこでしょうか?」


「はい、新入社員の方ですね?
そちらのエレベーターで二階に上がっていただいたら、案内板がございますのでそちらでご確認ください。」


「はい、ありがとうございます。」


小さく微笑んで、言われた通りにエレベーターに向かった。


一人で乗るには広すぎるエレベーターに乗り込むと、ドクドクと鳴る心臓に気づかされて焦る。



…大丈夫、緊張するのはあまり前。
大事な場なんだから、落ち着いて社会人のスタート切らなきゃ。



チンッと良い音がなり、ドアが開く。
ふぅ…とひとつ息をはいて、真面目な顔でそのフロアに降り立った。

0
  • しおりをはさむ
  • 554
  • 812
/ 539ページ
このページを編集する