大空との約束 ー過去ー【完】

第5章 /ある男は言った





ある男は言った




『俺の為に苦しみに歪む君の表情が見たい』




ある男は言った




『ずっとお前の側で、一緒に笑いあいたい』




ある男は言った




『お前が笑うと、俺まで嬉しくなる』




ある男は言った




『貴女は俺の大切な人だ。此までも、此れからも』




ある男は言った




『今度は俺に、お前を護らせてくれ』






0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 8
/ 460ページ
このページを編集する