大空との約束 ー過去ー【完】

第6章 /悪夢から救う優しい体温





『ねぇ、カスミさん』


『…なんですか、』


『あの男は貴女のなに?』


『…一体誰のことです?』


『あの ゙高木″という男ですよ』


『彼は私の付き人をしてくれている方ですよ』


『あぁ、それなら良かった!』


『…どうかしましたか?』


『いや、君があの男に心惹かれているのではないかと思ってね』


『…面白い冗談ですね』


『ははは、美しい婚約者を持つと気がきではなくてね』


『…そうですか、』


『ねぇ、カスミさん。そろそろいいでしょう?』


『・・・』


『俺達、まだキスしかしていない。そろそろお互いの愛を確かめ合おうよ』


『、!?』


『ね?君は誰のモノ?』




0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 8
/ 460ページ
このページを編集する