大空との約束 ー過去ー【完】

第5章 /もう1人の護衛






『カスミ様、アイツはどうです?』


『ん?どうって?』


『新しく貴女の護衛になったモノです』


『あぁ、たかちゃんとは真逆でおもしろいよね~!』


『あ、いや…そうではなくて、』


『ん?なぁに?』


『アイツを側に置くことについてです』


『うん?いいんじゃない?』


『…そんな適当な、』


『適当じゃないよ?だってたかちゃんがわたしの側に置くことをみとめた人なんでしょ~?』


『はい、』





  • しおりをはさむ
  • 14
  • 9
/ 460ページ
このページを編集する