大空との約束 ー過去ー【完】





『それなら問題ないよ!たかちゃんがわたしに害のあるような人を護衛にするわけないもの!』


『…随分、俺のことを信用して下さっているのですね、』


『もちろん!わたしをまもるといってくれたヒトを信じなくて、ほかにだれを信じるの?』


『……』


『へへへ、わたしを大切だっていってくれるたかちゃんのこと、わたしも大切だよ~!いつもまもってくれてありがとう!』


『…ほんと、貴女には敵わない』


『ん?なんかいった?』


『いいえ』


『ふふふ、だからね?彼もわたしにとって大切なヒトになるんだよ~!きっとね!』


『そうですか』


『ね!大切なヒトがふえるって、ステキなことだね!』


『そうですね』


『へへへ、あ!でもたかちゃんはわたしの....』





0
  • しおりをはさむ
  • 14
  • 9
/ 460ページ
このページを編集する