幸せの鐘を鳴らして【完】

弘奈文月Ⅰ 恋愛
301ページ(完結) 84955字 更新日 2012/11/18 読者 297450人 公開 0 0




お客さんを迎え入れる合図は、
黒服が放つ“オープン”の一声。



何よりも目を引いたのは、
素早い気配りと崩れない笑顔だった。




2012年5月16日【開始】
2012年5月26日【完結】

※この物語はフィクションです。

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 318
  • 1759
このページを編集する