【完】歪愛

「勝手に部屋出て行くんじゃねーよ。俺の方がびっくりした」

肩に顔を埋めながら、くぐもった声で成瀬が言う。

「そ、その、泊めていただいたし、ご飯くらい作らなきゃなって…」

「俺を起こしてから行け」

「だって、気持ちよさそうに寝てたから…、あの、ごめんなさい、勝手にウロウロして」

「…チッ」

機嫌悪そうに舌打ちすると、私を解放して何処かに行った。

そ、そりゃあ、家主に無断でキッチン入ったのは悪いと思うけど、そんなに怒らなくても…、って思う私は非常識なんだろうか?




.

0
  • しおりをはさむ
  • 17
  • 7
/ 177ページ
このページを編集する