グリムリーパーⅦ

グリムリーパーⅦ /†帰国†

「甚八さん!」

空港の到着ロビーで名前を呼んで大きく手を上げたあたしは、似たような光景から数年前の事を思い出した。


ちょうどこの国を発つ時も、こうして空港で甚八さんに手を振った。


ただ違うのは発する言葉。


「ただいま!」

あの時とは反対の言葉を発して、ロビーまで迎えにきてくれてた甚八さんに駆け寄った。


「思ったよりも元気そうだな。熱はもうないのか?」

目の前にいるあたしにそう声を掛けた甚八さんの視線が、あたしの背後に向けられる。

0
  • しおりをはさむ
  • 761
  • 3027
/ 363ページ
このページを編集する