グリムリーパーⅦ

グリムリーパーⅦ /†大切な事†

「気を付けろよ」

ホテルの地下駐車場に会った時、甚八さんがサスケに再三注意を促してた意味を、潜在的に理解してたんだと思う。


だから後にして思えば、何かがあるかもしれないって気はずっとしてたし、起こりうる「何か」がどういうものかも大体予想してた気もする。


それでも過ぎ行く毎日は今までと変わりなかった。


サスケにも変わった様子はなく、特に「気を付けてる」感じでもなかった。


甚八さんは頻繁にサスケに電話をしてくるようになったけど、内容としてはこっちの近況を聞くというより、あっちの状況を報告してくるって感じだった。


そんな日々の中。才蔵が死んだと教えられてから1ヶ月が経とうとする頃、急にサスケが出掛ける事になった。

0
  • しおりをはさむ
  • 761
  • 3027
/ 363ページ
このページを編集する