指先からロマンチカ【完】

指先からロマンチカ /touch.01




今日も今日とて、携帯小説のサイトを開いて指先を動かす。




『お前、ほんとかわいー』



そして、



「あー、しんっどい!」



ヒーロー達にキュンキュンしていた。




イケメン過ぎる彼らは罪な存在である。


深呼吸を繰り返すけど、やっぱりドキドキは止まらない。




今回の更新分も、作者様ほんとありがとうございます状態だ。



いつも思う事だけど、生まれてきてくれてありがとうございますって本当に言いたくなる。




「とりあえず、呟こ」




この気持ちを呟こうと、いつも通りSNSを開く。



青い鳥のリアルのアカウント、一色和葉«いっしきかずは»の本名のアカウントではなく。




色葉《いろは》。



その偽名を使った、別のアカウントをいつも通り選ぶ。



0
  • しおりをはさむ
  • 25
  • 11335
/ 227ページ
このページを編集する