永遠回帰

永遠回帰 /第二章 暗黒からの訪問者

「ウソ……でしょ」

加奈はフローリングの床に転がった携帯電話を遠目から眺めた。

フラッシュのごとく点滅し、メール受信を知らせてくる。

関智也の言葉が再び頭をよぎる。

『清明さんの恋人になんらかの事が起きてしまうかもしれません』

口ぶりから、それが良くないことを指しているのは明らかだった。

携帯電話は点滅を続けている。

加奈は、メールを確認するどころか、携帯電話に近づくことすらできなかった。

玄関で、金属がぶつかり合う音が聞こえた。

その音は、ドアから聞こえている。

「誰?」

加奈は恐る恐る玄関へと足を運ぶ。

外側から、誰かがドアを開けようとしているような音だった。

声をかけるが返事がない。

続いてチャイムが鳴らされた。

「どなたですか?」

ドアスコープから覗いてみたが、姿を確認することができない。

設置されている穴の位置からずれた所に立っているのかも知れなかったが、それを確認するには、玄関のドアを開けなければならなかった。

0
  • しおりをはさむ
  • 123
  • 30
/ 239ページ
このページを編集する