振り返れば、こおりみち(自閉、ADHD)

RIM
ノンフィクション・実話 8ページ(完結) 3458字 更新日 2019/02/11 読者 72人 公開 0 0






未来には何が見えるだろうか。



足元には粉々に砕かれた壁、目の前に広がる真っ白な無限の世界。








過去では何を見てきただろうか。



振り返れば、そこは青く凍り付いた20年分の凍り道。

遠くは厚い氷、刺さったつらら、投げられ砕けた雪玉、滑りやすい氷の道。

今自分の立っている場所に近づくにつれ、その道の氷は溶けていて、しっかりと地面が見えている。






これが私が辿った人生の道

24歳 リン(仮名)

どうか、私と同じ道を辿る人がいませんように。

知ってください、広まってください、障害や精神疾患への理解を多くの人が受け入れられますように。



『普通』を、強要しないで、その人自身を見られますように。



〇ノンフィクション〇

社交不安障害
自閉スペクトラム症(元アスペルガー症候群)
AD/HD(注意欠陥・多動性障害)
起立性調節障害(POTS)


執筆 2016.9/11
加執 2019.2/11
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 1
このページを編集する