舞蝶 1 -完-

第二章 /転校生

「美ー緒!」


週明け、学校は賑やかで…。


「どうしたの?恵美」


彼女は、いつもに増して賑やかだった。


「あのね、今日―…」


キラキラと瞳を輝かせる恵美が口を開いた瞬間。


「ほら、席に着け!」


担任の声が、教室に響き渡った。


静まり返る生徒達。


その面々が、恵美と同じようにキラキラと輝いて見える。


一体…何事?


小首を傾げ―…。


「今日は、転校生を紹介する」


納得する。


転校生ね、それで騒いでたんだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 584
  • 937
/ 293ページ
このページを編集する