気ままな猫が溺愛中【完】



…早く昼休みにならないかなぁ。


私は授業中、窓の外を眺めながらそんなことを考えていた。


というのも、今朝、秋人と一緒に登校したのだが、言うべきことが言えなかったのだ。


それは、秋人の分もお弁当を作ってきたっていう、何でもないことなんだけれど、ちょっと照れ臭くて言い出しにくかったのだ。


…あぁ~。どうして言えなかったんだろう。


言えたのは、


「…今日、お昼ご飯買わないでね!」


苦し紛れにそれだけ伝えて、逃げるように教室に入ったのだ。


きっと、秋人は首を傾げていたに違いない。


秋人に私の料理を食べてもらうのは、初めてではない。それなのに、いざお弁当を作って食べてもらうとなると、なかなか言い辛い。


だって別に、頼まれてもいないのだ。


もちろん、食べたいとも言われていない。


それだけに何だか言い辛くて、結局、意味の分からない言葉で秋人を困らせてしまっている。


ズーンと効果音がつきそうなほど落ち込んでいると、前に座っている由香が話しかけてきた。


「…ねぇ、さっきからどうしたわけ?」


見た目こそギャルだが、高校に入って初めてできた友達だ。今ではすごく仲が良い。


「…私って、可愛くない。」


そうつぶやき、しみじみと思い知っていると、


「…一体何があったのよ。何、先輩関係?」


見事に言い当てられる。


それにゆっくり頷くと、大きくため息を吐かれる。


「秋人の分もね、お弁当作ってきたんだ。でもそれを、朝言えなかったの…。」


簡単にそう説明すると、


「…え、それだけ?」


驚いたような、呆れたような声でそう言われた。

0
  • しおりをはさむ
  • 767
  • 867
/ 370ページ
このページを編集する