気ままな猫が溺愛中【完】

バイトが終わったのは22時。合間に作ってもらったまかないを食べたため、お風呂に入って寝るだけだ。今日忘れた財布を入れようと鞄を開けると、携帯のランプが光っていることに気付いた。開けると、メールがきている。


あ、由香からだ。珍しい。


ーーちょっと!先輩のこと明日詳しく聞かせてもらうからね!


との内容で、あ、そういえば何の説明もなしに帰ってきちゃったなぁと思い、


ーーまた話すね。あと、明日はちゃんと授業受けるからね。


と送信して、携帯を閉じる。


明日はちゃんと起きようと先に目覚ましをセットし、お風呂場へ向かう。


母はまだ仕事だ。産休に入った人がいるとかで、人手が足りないらしく駆り出されている。今日も遅いんだろうなぁと思いながら、明日の準備をしてから、ベッドに入った。



------------------



0
  • しおりをはさむ
  • 762
  • 855
/ 370ページ
このページを編集する