Feel Ⅰ (修正中)

暴走族



「別に平気ですよ!」


私は精一杯下手な笑顔を

作って立ち上がろうとした



「…っつ!!!!!」



擦りむいたところが


思ったより痛んだ



「大丈夫!!?」



「あっ…大丈夫です
擦りむいただけなのに
びっくりしちゃった
みたいです…すみません」



すると




ブラウンの男は
電話をし始めた





私はきょとんとして
見ていた







すると急に視界が揺れた









「え…」








私は黒髪に
抱えられていた






0
  • しおりをはさむ
  • 856
  • 3725
/ 332ページ
このページを編集する