Feel Ⅰ (修正中)

お家



次に私が目を覚ましたのは

シトラスの匂いがする
ふかふかのベッドの上だった



「んっ…」



ここ…どこ…?

私は大きなダブルベッドに


黒いパーカーを
握りしめながら

寝ていた。



あたりを見渡したけど


明らかに私の部屋ではない



なんか全部が黒い

そして物が少ない




私は寝起きの頭を
一生懸命使って
思い出そうとした




昨日車で送って

もらったのは覚えてるけど…





とにかくこの部屋を

出てみよう


私は寝ていたときに

抱きしめていた

パーカーを持ち


その部屋を出た


0
  • しおりをはさむ
  • 851
  • 3672
/ 332ページ
このページを編集する