Feel Ⅰ (修正中)

再会




学校が終わり

ゆいに別れを告げ


私は学校を後にした



いつもの帰り道を


1人で歩いていた
















なんか…さっきから
後をつけられてる気がする



気のせいだよね…




私は後ろを振り向いた



だけど誰もいない



私は怖くなって
走り出した



すると



ドカッ!!



誰かにぶつかって



私は尻餅ついた





「やっぱこの子?」


目の前には
でかい金髪の男が
私を見下ろしていた




すると周りから


沢山の人が出てきた


怖そうな人達が…



「この子ですよ!こんな美人
滅多に見ないから
忘れないっす」



なんか金髪の後輩
らしき人が答えた






0
  • しおりをはさむ
  • 846
  • 3643
/ 332ページ
このページを編集する