FeelⅡ(修正中)



輝ははあ…っとため息をつくと、


「そんなに心配なら
俺らの学校に見に来れば
いいじゃねえか。」



「…見に行くったって
無理だよ…。」




「なんでだよ。心配なら
私の男って見せつけてこいよ。」




「…でも…追い返されるよ、
制服だって違うし…」





「なんとかなるだろ。」





「…なんとかって…」





「雛が来たいんだったら
俺がその辺手配しとくよ。
どうする?」





…本当に行けるの?



確かに龍達の学校の話
全然しないから…


学校でのみんなも
見てみたい…。




「行く。」






私は小さく呟いた。




「よし決定だね!
雛、龍にはこの事
秘密にしといてね。」





「…なんで?」



「んーなんとなく。」



拓也はにやっと笑った。



…怪しい。



けど…行けるならいいか。



「ふうん。わかった。」





「じゃあ、始業式の次の
月曜日の昼休みからおいでよ。
迎えに行くからさ。」




「うん!」




0
  • しおりをはさむ
  • 1149
  • 3726
/ 362ページ
このページを編集する