Spiral【完】

─ 32.


葵を伴って部長室に現れた水瀬裕は、なかなかに精悍な顔つきながら、やや童顔にもみえる男だった。

俺を挑発するのを、楽しんでいるかのような物言い。
お互いに対外的な表情を作り、牽制し合う。

水瀬裕の告白に驚きはしたが、それよりも葵が彼を“裕”と呼んだその一点に苛ついた。
水瀬裕が、恋愛でないにしろ葵を大切に想っていることをみせつけられたのだから尚更だ。

彼女を手元に縛りつけておきながらも、優しくできないことにまた苛立つ。

まだだ。
まだ準備が万全ではない。
あと少し。
シーガーデン横浜の完成までは葵に真実を告げることはできなかった。



俺の補佐なんて慣れない仕事に、それでも葵は必死に取り組んでいた。
仕事にはいつも真面目で、ファミレスのフロアを小動物みたいに動き回っていたあの頃の彼女を思い出す。


0
  • しおりをはさむ
  • 746
  • 10976
/ 450ページ
このページを編集する