【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


人魚の獄

人魚の獄

懐里
純文学・シリアス 4ページ(連載中) 1419字 更新日 2020/02/02 読者 126人 公開 0 0


感情がバラバラと身体から剥がれ落ちた。
それはまるで魚の鱗みたいで、足元に散らばったキラキラとしたそれらはもう数えきれなかった。

どんなに手を伸ばしても届かないんだ。

海底に沈んで、見上げた水面。
ゆらゆらと光がたゆたう綺麗すぎる輝き。

もう眩しさなんて感じない底の底の底まで、私は落ちてしまったから。





『とらぶるめーかー!?』番外編

2020.1.22
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 10988
このページを編集する