私を愛して【完】





切れた電話を見てホッと胸を撫で下ろす。



もしあの電話に出ていたらどうなってたんだろう。



もし文人さんや加藤さんじゃなかったら大変なことになっていたかもしれない。




RRRRR____…




安心していたあたしの隙をついて今度はあたしのケータイが鳴って震えだし、完全に油断していたあたしは「ひッ…」とみっともない声を出して驚いた。



たく、一体誰よ。



と思いながらケータイを取って画面を見ると、




「げっ…」




そこに表示されていたのは“文人さん”あたしの主だった。



一体何の用ですか。




0
  • しおりをはさむ
  • 647
  • 1550
/ 606ページ
このページを編集する