私を愛して【完】




今日は休みなのだろうか?



訊いた方が手っ取り早いと思うのだけど「休みなんですか?」と訊けば「休んだらいけないのか?」と返されそうな気がする。



飼われてから1ヶ月と数日が経った。



あの日から文人さんは飽きもせずあたしを抱いて欲を吐き出している。



あたしだってヤるのは初めてじゃない、けどこんなに沢山ヤった経験はないから目に見えるように体力がついていけてない。



それから抱かれるたびに思い浮かぶのは雪斗くんだったのに今は霞んできてしまっている。



顔を忘れてしまったわけじゃない。



ただ雪斗くんのこと本当に好きなのか分からなくなってきてしまっている。



前は確かに好きだった、だけどこれから先も好きでいられる自信がない。




「未来」




そんな時私服に着替え終えている文人さんが声を掛けてきた。




0
  • しおりをはさむ
  • 651
  • 1557
/ 606ページ
このページを編集する