私を愛して【完】

文人という男





~マミside~





宜野座マミと言えば宜野座コーポレーションの美人な一人娘。





そう、それが私よ。

そして私のフィアンセはあの有名なA(エース)社の社長。



誰もが羨む彼が私のモノなの。

なのに…それなのに2ヶ月前、彼が突然婚約破棄をしたいと言ってきた。



私も父も母も混乱して訳が分からなくなった。




“何故、婚約破棄をするの?”




脳内を占めるのはそればかり。


私も両親も今更彼を手放すわけにはいかない。

彼がその話を持ち掛けてから私は毎日会社に行った。



彼に会う為。




0
  • しおりをはさむ
  • 647
  • 1553
/ 606ページ
このページを編集する