君がいないと、僕は歌えない

プロローグ

私の父は、ジョン・ディーコンに憧れてベース弾きになったらしい。


けれど、幼い私にとって、ジョン・ディーコンはただの知らないおじさんに過ぎなかった。


顔も年齢も知らないし、そもそもそんなことには興味もない。


ただ、彼の奏でるベースの音を知ってたっていうだけ。


それでも、彼のベースは幼い私の体の奥深くを揺るがして、そして骨の髄まで虜にした。








だから、中学生になった私がベースを持つようになったのも自然の流れだった。


嬉しい気持ち、哀しい気持ち、悔しい気持ち。


私の感情は、全てベースを通して放たれる。


誰かに聴かせるつもりはなかった。


誰かのために弾こうなんて、思ったこともなかった。








ベースは私の体の一部で、ちっぽけなこの人生の全て。


ただ、それだけのことだった。






0
  • しおりをはさむ
  • 127
  • 6213
/ 90ページ
このページを編集する