君がいないと、僕は歌えない

凍てつく再会

三年ぶりに辿り着いた町は、驚くほどに変わっていなかった。


春には見物客で溢れる、桜の並木道。駅前の路地をせわしなく往来する、制服姿の高校生やスーツ姿のサラリーマン。


木々のそよぐ音、人々のざわめき、車のクラクション。


どの音色も、懐かしい。






「半井(なからい)響子さんはA中学校の出身で、三年間ニューヨークで暮らし、この度日本に戻ってきたそうです」


四十代半ばくらいの優しそうな女の先生の隣で、頭を下げる。


ザワザワ…ヒソヒソ…。


俄かに騒々しくなる教室内。


「半井さん、知ってる人はいる? 同じ中学から来た人も、何人かいるはずよ」


私を安心させようとしているのだろう。先生がにっこりと微笑みかけて来たけど、私は小さくかぶりを振った。


例え同じ中学の人がいたとしても、知っている人がいる可能性は低い。


だって私は、そもそも中学ではほとんど人と関わりがなかった。


「そう、それは残念ね。でも、違うクラスにはいるかもしれないわ」


無理矢理に話を纏めると、先生は空いている席に座るよう私に指示した。







机に頬杖をついて、窓の外を眺める。


窓際のこの席からは、グラウンドが一望出来た。


コソコソ…ヒソヒソ…。


ざわめきが、私の気持ちをヤキモキさせる。


感情を押し込めたせいで自然と動きそうになった指先を、ぐっと反対側の手で静止させた。






0
  • しおりをはさむ
  • 127
  • 6309
/ 90ページ
このページを編集する