できさせちゃった結婚

決断




葵さんとの連絡を絶った。

あの日帰ってきてからは何も喉を通らなくて、ひたすら現実から逃げていた。



【さようなら】と送った直後に電話が入っても取ろうとも思わない。



相手からしたら意味がわからないだろう。
なぜ、こんなことを言われなければいけないのか。
知っているのは私だけ。




あの日メールを送ったことに既に後悔の念が渦巻いているけれど、
言った手前、もう後戻りはできなくなってしまった。




何度も来た電話を無視して、
マメに送ってくれないメールも何通もきた。




ただ、話をしようと言ってくれる彼を、
一時の感情で突き放してしまったのだ。




だけれども卒業式を明日に控える私は、
どうやってお腹の負担にならないように袴を着るかで戸惑った。




由紀にも朱理にも言わなければならないのに
どうしても言えないのは、
まだ産むかどうか決断できていないから。



0
  • しおりをはさむ
  • 552
  • 752
/ 271ページ
このページを編集する